令和3年1月から、個人の方の振替依頼書及びダイレクト納付利用届出書をe-Taxで提出可 能となります。

納税環境整備の見直しに伴い、令和3年1月1日以後に行う振替納税の通知依頼及びダイレクト納 付の利用届出の事前手続きが、e-Tax で申請等できるようになります。パソコンやスマートフォン からe-Tax(Web版・SP版)にログインし、入力画面に沿って必要事項を入力することにより、振替依頼書等の記入や金融機関届出印の押印なしに、オンラインで振替依頼書等の提出でき るようになります。
これにより、届出書の提出から利用可能となるまでの時間が今までより短縮されるようです。

振替納税とは・・・

納税者ご自身名義の預貯金口座からの口座引落しにより、国税を納付する手続です。
ご利用に当たっては、事前に税務署又は希望する預貯金口座の金融機関へ専用の依頼書を提出して いただく必要があります(預貯金口座の変更依頼や振替納税の取りやめ依頼がない場合及び所轄の 税務署が変更とならない場合に限り、自動的に次回以降も振替納税が行われます。)。
※転居等により、納税地を所轄する税務署が変更となる場合は、変更後の税務署へ新たに振替依頼 書を提出してください。

利用可能税目(税金の種類)

次の税金でご利用できます。

  • 申告所得税及び復興特別所得税
    • 期限内に申告された確定申告(3期)分及び延納分
    • 予定納税(1期、2期)分
  • 消費税及び地方消費税(個人事業者)
    • 期限内に申告された確定申告分及び中間申告分

利用可能額

制限はありません。

利用可能な金融機関

インターネット専用銀行等の一部の金融機関や、インターネット支店等の一部の店舗ではご 利用ができない場合がありますので、利用の可否については、あらかじめ取引先の金融機関 へお問い合わせください。

ダイレクト納付とは・・・

e-Tax(国税電子申告・納税システム)により申告書等を提出した後、納税者ご自身名義の預貯 金口座から、即時又は指定した期日に、口座引落しにより国税を電子納付する手続です。 ご利用に当たっては、事前に税務署へ e-Tax の利用開始手続を行った上、専用の届出書を提出し ていただく必要があります。


上野法人会メールニュースでも最新情報を配信しています

税の情報の最新情報は、メールニュースでも配信しています。
最新情報を受け取るには、メールアドレスをご登録ください。

メールニュース登録

税の情報