平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、本年も年末調整を行う時期となりました。『年末調整』の準備のため、給与所得者全員につきまして下 記の書類を準備していただけますようお願い申し上げます。 なお、不明の点やご質問等がございましたら担当者までご連絡下さい。

1. 保険料控除証明書

  • 生命保険料:年間掛金最高 8 万円まで(控除証明書が必要)
    ※ 平成 23 年 12 月 31 日以前に締結した生命保険料については、年間掛金最高 10 万円まで
  • 個人年金保険料:年間掛金最高 8 万円まで(控除証明書が必要)
    ※ 平成 23 年 12 月 31 日以前に締結した個人年金保険料については、年間掛金最高 10 万円まで
  • 介護医療保険料:年間掛金最高 8 万円まで(控除証明書が必要)
  • 地震保険料:旧長期損害保険 1 万5千円・地震保険最高5万円まで(控除証明書が必要)
  • 社会保険料:給料より控除以外のもの(本人が直接支払った国民年金、国民年金基金、 介護保険・国民健康保険の保険料 証明書(国民年金)が必要となります。
  • 小規模企業共済等掛金:証明書が必要

2. 住宅取得等特別控除申告書

税務署より郵送の申告書が必要
金融機関等の証明書が必要(借入金残高証明書等)

3. 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の提出

  • 源泉控除対象配偶者:
    所得者(所得の見積額が 900 万円以下の人に限ります)と生計を一にする配偶者で所得の見積額が 95 万円以下の人
  • 配偶者控除・配偶者特別控除 :給与所得者の配偶者控除等申告書を記載
  • 老人控除対象配偶者:昭和 26 年 1 月 1 日以前に生まれた人は割増控除が受けられます
  • 控除対象扶養親族 :平成 17 年1月1日以前に生まれた人で、年間給料の総支給額 1,030,000 円以下の人は控除が受けられます
    (注)平成 23 年分の所得税から、年齢 16 歳未満の扶養親族(年少扶養親族) に対する扶養控除が廃止されております。
  • 特定扶養親族 :平成 10 年 1 月 2 日から平成 14 年 1 月 1 日までの間に生まれた人
  • 老人扶養親族 :昭和 26 年 1 月 1 日以前に生まれた人
    同居している老人扶養親族のある人は申し出てください
    同居している特別障害者のある人は申し出てください
  • 障害者控除 :本人・被扶養者とも適用があります
  • 寡婦・寡夫控除:寡婦・寡夫の要件に該当する人は申し出てください
  • ひとり親控除:合計所得金額 500 万円以下で、年間給料 1,030,000 円以下の子がある人は 申し出てください
  • 勤労学生控除(本人):年間給料 1,300,000 円以下の人(学校等の証明書が必要)

4.中途就職者の方(新規学卒者を除く)

前職分源泉徴収票(令和2年分)が必要


上野法人会メールニュースでも最新情報を配信しています

税の情報の最新情報は、メールニュースでも配信しています。
最新情報を受け取るには、メールアドレスをご登録ください。

メールニュース登録

税の情報